【レンタルサーバ】 Star Domain&minibird契約してみました(2)


さて、新しくドメインが取得できたので次はレンタルサーバ側(ミニバード)の契約。

ミニバード公式ページ(http://www.minibird.jp/)の左上にある「新規登録はこちらから まずは無料で2週間」ってバナーをクリック。
すると、「ネットオウルIDにまず登録して、その管理画面から申し込みして下さい」的な内容が。またか。

支払い金額についてはやっぱりネットオウルプリペイドというやつなので、もちろん先に支払っておく必要があるんですが、なんかポイント制を導入しているらしくポイント割引後の金額を強調してあるから、結局いくらプリペイドで払っておけばいいのか一瞬戸惑います。
「ポイントを最大○ポイント使用して、○円に!」みたいな書き方なんですけどね。
先に「料金シュミレーター」っていうページに行って確認しておくといい。でもめんどい。

サーバの契約自体はすごい簡単に終わりまして、次はスタードメインで取得した独自ドメインをどうやってミニバードで使うかというところ。

http://www.minibird.jp/man/domain_add.php
↑ここに一応マニュアルはあるんですが、とりあえず最初にWhois認証・Web認証・メール認証の3種類のうちのどれかを選んで認証をしないといけないわけか。
無難にWhois認証にすることにして、次のマニュアルを見ると
http://www.minibird.jp/man/domain_add_whois.php

ドメインの現在の管理業者様側で、弊社指定のネームサーバーとなっているか、確認をお願いいたします。

ねーむ・・さーば・・・???ってなんだっけ・・・?

で、ネームサーバが何だかよく思い出せないまま、スタードメインの方の管理画面でネームサーバとやらを確認。
「ドメイン管理ツール」というところに「ネームサーバーの確認・変更」というボタンがあった!これか!
クリックするとネームサーバというやつの一覧?が出てくるのですが、下にこっそりと「お手軽設定」なるボタンがあって、

※ お選びいただいたネットオウルの各種サービス用にネームサーバーを設定します。

って書いてある。やった!これを探してた!

ミニバードを選択して、「設定する」ボタンをクリックしたら、一覧のところがミニバードっぽいネームサーバー(とやら)に変更されました。よかったよかった。

この状態でミニバードの管理画面に戻り(めんどい)「ドメイン設定」で必要事項をちょっと入力して完了!

取得したドメインにブラウザでアクセスしてみたところ、無事にミニバード専用の「ページがありません」的な
ページが表示されましたー!
これで一応、一安心・・・

【レンタルサーバ】 Star Domain&minibird契約してみました(1)


個人で使っているサーバ(こちらもさくらインターネット)で公開しているサイトが異常に繋がりにくくなり、調べてみたところコントロールパネルの「リソース情報」で「2013/●/● プログラムの過負荷により、CGI/PHPが制限されています。」という通達が表示されていました・・・

おそらく、pukiwikiを無知なくせにプチカスタムしたせいかと思われるので、一旦全て削除してから「高負荷となっていると思われるプログラムを全て削除しましたので、問題なければ制限を解除して下さい」と会員メニューから問い合わせメールを出したんですが。

金曜日の早朝に問い合わせメールを出して、それから音沙汰なし。
そりゃそうですよね、土日休みですもんね・・・
運がよければ金曜日中に返答が来るかなーと思ったんですが、甘かったようです。

ちょっと諸事情あって制限解除を待っていられないので、思い切って新しくドメインを取得して、レンタルサーバも新しいところを借りることにしました。さくらは年間契約のお金を2月に払ったとこなのでもったいないけど、急ぐので泣く泣くファイル置き場にする。

いろいろ見たんですが、
「そんなにアクセスの多いサイトじゃないし、動画とか全然載せないし、それほど高速じゃなくてもいいかなー」
「安くて、容量も10GBもあれば充分」
「Wordpressが簡単にインストールできたらいいなー」
ぐらいのゆるいノリなので、結果「minibird」というところに決定。

どうやらおおもとはNetowlという京都の会社のようで、レンタルサーバの価格帯と質でサービス名を分けている模様。東京でも大阪でもなく京都ってのがええやん。近いとなんとなく応援したくなるし。
(※さくらインターネットも本社は大阪だけど)

「ウェブクロウ」っていうのが無料で1GB。
「ウェブクロウプラス」が月額132円で5GB。
「ミニバード」が月額263円~で容量30GB。
「ファイアバード」が月額525円~で容量50GB。
「クローバー」が月額1,525円~で容量150GB。
ウェブクロウプラスとミニバードで非常に悩んだんですが、なんとなく容量は最低10GBは欲しいかな・・・と思ってミニバードにしたわけです。

ファイアバードだとさくらインターネットと価格差が感じられないので、「せっかく乗り換えるんやったらちょっとでも安くせな!」というあさましい根性で外したわけですが(^_^;)

とりあえず、同社が運営してる「スタードメイン」というサービスでまずは独自ドメインを取得。
とはいえ、「スタードメインで取ったドメインどうやってミニバードで使うの?系列サービスだからすんなりいく?」と思ってもそういうマニュアルは発見できず。

安いから仕方ない、か・・・(諦め)

まずは契約前にネットオウルIDってのを作らなあかんらしい。正直めんどい。
さくらはその点すっきりしてていいよね、ドメイン取得とサーバ借りるの一緒だしね・・・あかんあかん。未練たらしい

ネットオウルIDを作成して、ドメイン取得費用を支払うために「ネットオウルプリペイド」ってのにまずお金入れとかなきゃいけない。
結果としては払うっていう行動は同じなんだけど、めんどいな・・・普通に都度払いではあかんのか。

で、ドメインは.comで取ることにして、なんかよくわからんけどレジストラってのがNetowlとKeySystemsとeNomって3種類あって、なんでかわからんけどNetowlだけがちょっと安くて取得&年間費用で920円、らしい。
さくらだと.comドメインが1800円だから、確実に安い。
今回は「安いんだから、当然多少の不具合やら不親切には目をつぶる!」っていう心意気なので、まぁ深く考えずNetowlを選択でよしとします。

なんやかんやで即ドメイン取得完了。ネットオウルIDを登録→プリペイドに入金→ドメイン取得、の流れでした。

次の(2)はミニバード側の契約について。

【スパムメール】Amazon.comを騙るKindleのe-Book注文メール


通販サイトで使っているメールアドレス宛には、1日に100~300通ぐらいのスパムメールが届いています。
ありがちな日本語のいかがわしい迷惑メールも勿論大量ですが、海外の取引先もあるので英語やら中国語やらキリル文字やら、読むこともできないどこの言語かわからないものも届いている状態。

昨日はアマゾン(USA)を騙ったフィッシングメールが届きました・・・
見る人が見れば、「こんなの注文してないって!」って慌てるかもしれませんので、一応ご紹介しておきます。

fakeamazon
(ご丁寧にkindleストア風のバナーまで貼ってあるのが憎たらしい・・・)

内容としては、kindleで電子書籍を購入した購入完了メールという雰囲気。

Thanks for your order, ●●●@●●●.com!
Did you know you can view and edit your orders online, 24 hours a day? Visit Your Account.

Order Information:
E-mail Address: ●●●@●●●.com (うちのアドレス)
Billing Address:
145-4838 In Road
OH 43230-6107
United States
Phone: 1-564-575-0025

Order Grand Total: $ 86.99
Earn 3% rewards on your Amazon.com orders with the Amazon Visa Card. Learn More

Order Summary:
Details:
Order #: X55-0183094-3912303
Subtotal of items: $ 86.99
——
Total before tax: $ 86.99
Tax Collected: $0.00
——
Grand Total: $ 80.00
Gift Certificates: $ 6.99
——
Total for this Order: $ 86.99

The following item is auto-delivered to your Kindle or other device. You can view more information about this order by clicking on the title on the Manage Your Kindle page at Amazon.com.
  The Witness by Nora Roberts [Kindle Edition] $ 86.99
  Sold By: Random House Digital, Inc.

You can review your orders in Your Account. If you’ve explored the links on that page but still have a question, please visit our online Help Department.
Thanks again for shopping with us.

Amazon.com
Earth’s Biggest Selection

Prefer not to receive HTML mail? Click here

もちろん会社にはkindleはなく、電子書籍も注文しておらず、会社の住所がアメリカのオハイオにあるわけがないんですけどもね・・

本文の中で青字で表示したリンク先ですが、全て
「ttp://library.chervonograd.net/amazonzon.html?acc=4A7PS-UXFT3D7CV0」やら
「ttp://library.chervonograd.net/amazonzon.html?id=help」やら
「ttp://library.chervonograd.net/amazonzon.html?id=my_acc」などになっています。アマゾンゾンって(笑)
本文中のリンク全てはクリックするとフィッシングサイトに飛んでしまうというわけです。

調べたところ、「The Internet Patrol」というサイトに詳細が載っていました。
The Internet Patrol – Fake Kindle E-Book Order Confirmations Lead to Malicious Sites

本国Amazonのフォーラムにも、このスパムメールが届いたというやり取りが。
Amazon.com Help > Kindle Help Forum – I just got a bogus order from Amazon + Kindle = digital-no-reply@amazon.com [Amazon.com]Thi
2012年5月に最初の書き込みがあるので、もう1年も前からある手口なのですね。なぜ今更・・・

The Internet Patrolによると、Billing Address(請求先住所)がOhio以外にGahannaやFort Wayne、Floridaになっているバージョンもあり、購入した本のタイトルや作者も違うバージョンがあるとのこと。(The Hunger Games by Suzanne Collinsというのもあった)

とにかく、どこもクリックしちゃダメですね。
何十万通っていうスパムメールを見てきましたが、これはけっこう印象に残りました・・・ご注意を!