【WordPress】 HTMLやPHPのコードを直接表示するプラグイン「Crayon Syntax Highlighter」


WordPressの記事内にソースコードを記入すると、普通に直接記入したままではどえらいことになってしまいます・・・
HTMLなどを文字列でなくHTMLコードとして読み込んでしまう仕様なので仕方がないですが、これはなんとかしたい。

ということで、プラグインを探しました。
それらしきプラグインは沢山あったのですが、まず「Syntax Highlighter Compress」というのを使ってみました。

syntaxhighlighter
これです。
結果、ソースコードの部分をコード名を使ったタグのようなもので囲む(※HTMLのコードなら[HTML]~~[/HTML])、というのがネックで・・・。めんどくさがりなのでコードの種類をわざわざ書き分けるのすらめんどい。しかも何故かWordpressのコードを表示させようとしてもマトモに動かず・・・

その後、こちらを見て「Crayon Syntax Highlighter」を使うことに決定!

表示デザインのカスタマイズができることももちろん嬉しい機能ですが、わざわざコードに合わせて[HTML]だの[CSS]だの書き分けなくても[crayon][/crayon]で囲むだけ!っていうのもめんどくさがりにはうってつけ。
しかもちゃんと投稿画面の上のビジュアルエディタ(って言うんですかね)にも「crayon」のボタンが出てる!やった!!

インストールは本当に簡単で、ダッシュボードの「プラグイン>新規追加」で「Crayon Syntax Highlighter」を検索し、
crayonshl出てきた該当プラグインの「いますぐインストール」をクリック→インストール完了画面の「有効化」をクリックするだけ!

そして記事投稿画面で、コードをそのまま表示させたい部分を[crayon]と[/crayon]で囲むだけ。

すると
crayon_code
こんな感じに表示されます。おおお簡単・・・!
直接コピペしても行番号はコピーされない、っていうのも当たり前のようだけど便利。

デザインの変更も簡単で、プラグインインストール後にダッシュボードのサイドバー(?)の「設定」に「Crayon」という項目が増えるので、そこからけっこう大幅にカスタマイズできます。
上の例のフォントはなんとなく気に入らない(もっとかっちりしたフォントがいい)ので、変更しようかな。


参考URL:


Google Chromeのホームページがsearch.conduit.comに変更されていた件


日々の業務、なんと同僚と兼用のパソコンで行っているわけですが、そいつがフリーソフト大好き(ケチをこじらせている)かつ、異常ないらちで、表示されるダイアログを確認もせずOKをクリックしまくる為、そのパソコンは常に脅威にさらされておりまして・・・。

今までもアドウェアとかマルウェアとかああいう系のやつを何度もすんなりインストールさせてしまってるわけですけどもね。どうやらまたやらかした模様・・・

Google Chromeをたまたま起動させたら、ホームページ(トップページ?)が見たこともないページに変わっていて、珍妙なツールバーが表示されてしもたんですよ。

表示されたページは「http://search.conduit.com/」というやつですが、どう考えてもあやしいと思って検索してみたものの、なんというか、こう・・・システムの復元とツールを使う以外の方法でバシっと「これで解決!」みたいな解決法は見つからなかったんですね・・・
ウイルス対策ソフト(ESET SMART SECURITY)でも検出されなかったので、ウイルスではないのかな。海外サイトでは「ブラウザーハイジャッカー」ってよく書いてあります。

まず、定番ですがコントロールパネルの「プログラムと機能」から怪しいものを探す・・・と、「conduit」という名前ではなく「Whitesmoke Toolbar」みたいな名前のものが。もちろん即アンインストール。

これだけではもちろんダメなので、Chrome側の設定の変更ももちろんします。トップページが変わっただけじゃなくて、アドレスバーに単語打ち込むと普通はGoogle検索になるのに、couduitだかいうサーチエンジンに変えられちゃってますしね。

まずはChromeを起動する度に表示される憎々しいconduitの検索ページを表示させないための変更。

Chromeの設定画面(chrome://settings/)で、「起動時」のところのチェックが「特定の 1 つのページまたは複数のページを開く」になっているかと思いますので、その横の「ページを設定」をクリック。
chrome3
出てきたリストにcouduit的なものが記載されていると思いますので、これを断固たる意思で削除。渾身の力で「OK」をクリック。

次に勝手に変えられた検索エンジンをGoogle(等)に戻します。
chrome1
同じく設定画面の「検索」の「アドレスバー から検索するときに使用する検索エンジンを設定します。」のところにある「検索エンジンの管理」ボタンをクリック。

chrome2検索エンジンの一覧が出ると、あの忌まわしいconduitが選択されていると思われますので、それ以外のお好みの検索エンジン(私はGoogle派)をクリックして、力強く「完了」ボタンをクリック。

次に、拡張機能を無効化します。
設定画面の左側に「履歴」「拡張機能」「設定」って縦に並んでるリンクの真ん中のやつをクリック。
chrome4
はい出ましたー。出ましたねー。
しっかり「第三者によってインストールされました」って書いてあるのがね!!イライラ通り越して笑えてくるわ!!
もちろん右端のゴミ箱アイコンを鬼の形相でクリックします。

まだあるよ。プラグインを無効化します。
どこにあるかわからなかったので、「chrome://plugins/」とアドレスバーに直接打ち込んでプラグインページを表示させました。
画面サンプルがないのは先に無効化したら一覧に表示されなくなったからなんですが、プラグインページにもいくつもWhitesmokeなんちゃらかんちゃらというのが表示されるかと思いますので、片っ端から怒涛のごとく「無効にする」をクリックしていきます。

これで一旦Chromeを閉じて再起動すると、一応パッと見は普通のGoogle Chromeに戻ると思うんですが・・・
ちゃんとした削除ができてる気が全くしないので、また後日調べて追記したいと思います。中途半端ですみませんね・・・