BlognPlusを設置してみた


WordPressほど複雑でなく、簡単に設置できて操作もわかりやすく、何よりデータベース不要のサーバインストール型のブログシステムを探し続けてはや数カ月・・・
やっと希望通りのものを発見しました。

BlognPlus(ぶろぐん+)

PHPで動作、データベースはあってもなくても使える(データベースを使わない場合はtextファイルでログを保存するらしい)。
ユーザーもまぁまぁいるようでカスタマイズも調べれば情報が出てきそう、モジュール(Wordpressで言うところのプラグイン)もそれなりにあって、設置も簡単。完璧です。
ただ、2012年10月からアップデートされてないようなのですがね・・・。

今回は完全に友人と2人で作業指示・報告用として使いたかったので、最初は昔からある日記CGIみたいなものでいいかなーと探していたのですが・・・
・新着記事のリストが出せる
・ワード検索機能
・コメント機能
・テンプレート式(スキン式)
・記事で使う画像のアップロード機能
・カテゴリ機能
・コメント機能(アイコンつき←でかい既読マークを表示させたかった為)
・記事の個別ページだけでなく、一覧表示の時にもついているコメントを全文表示する
以上を備えているものはほぼ皆無。
大昔に流行ったapeboard+の日記版に改造したスキンや、unico diaryや、Web Diary ProfessionaltDiaryadiarygin boardYYBBS-PlusFlatPressSerene Bachといろいろ試してみましたが、インストールが問題なくできて完璧にこれを満たしていたのはBlognPlusだけでした・・・。

インストールもごく簡単で、Blogn(ぶろぐん)マニュアルというページでものすごく丁寧に解説されているので問題なし!

テンプレートは1つのHTMLファイルと1つのCSSファイルで構成されていて、独自タグなんかもわかりやすく、Wordpressのテーマファイルをいじるのに発狂しかけたレベルの私でも割とすんなりカスタマイズできました。(Serene Bachのテンプレートと似ている感じ)

blogntemplate

こんな感じ~

インストール時にちょっとハマったのが1点だけ。ダウンロードした新規インストール用「BlognPlus v2.6.11a」を解凍すると「blognplus」「docs」「manual」「skin_sample」という4つのフォルダが出てきますが、本体は「blognplus」内に格納されているので、「blognplus」内のファイルのみを希望するサーバのディレクトリにアップする。4フォルダともhttp://www.●●●.com/blognplus/にアップしてしまうとhttp://www.●●●.com/blognplus/blognplus/がブログのURLになってしまう。それだけのことです(笑)

DB不要のブログスクリプトを探している方にはぜひお勧めしたいです。

【Photoshop Elements】 起動時のウェルカム画面を表示させない


長らくPhotoshop 5.0 Limited Editionという古い古いバージョンのを画像加工に使っていましたが、やっとこさ何かのバンドル(ペンタブ?)でついてきて忘れていたPhotoshop Elements 9にアップグレードしました。
(ちなみに最新版はバージョン12らしい。まぁ9もWindows7まで対応してくれてるからいいにしとこう)

調べてみたらフォトショップLEって1999年発売なんですね・・・そりゃそうだ、フォトショップ初めて使った時はiMacの333MHz(カラバリが増えた時のやつ)にインストールしたもんなぁ。そりゃ古い。

そうそうコレだ。このブルーベリー(名前に反してかなり青緑系だった。すごい綺麗だったなぁ…)
0329xii

話が逸れすぎましたが・・・
フォトショップ9、Vistaですがすんなりインストールできたのはよかったものの、起動する度に
photoshop9wcm
こんなウェルカム画面のようなものが表示されてウザいったらありゃしない。

検索してみたら解決方法を紹介して下さっているサイトが見つかりましたので、無事に起動画面を回避することができるようになりました!

Photoshop Elements9の便利な起動方法 » Episodes & Melody

要点をまとめると・・・
インストール時に自動で作成されるショートカットなどをクリックすると、Organizerという「写真や画像の整理ソフト」と「画像編集(フォトレタッチ)ソフト」が統合されたものへの画面が起動するようで。
紹介されている方法では、Program Filesフォルダから画像編集ソフト側のexeファイルを見つけて単体で起動できるようにする、という感じ。

Photoshopには画像編集機能しか求めてないぜ、画像の整理なんかいらないぜ、という方はこちらを是非ご参考に~

【Mediawiki】 サイドバーのカスタマイズ


Seesaa Wiki(旧Livedoor Wiki)から移行してみて、いろいろとMediawikiにも制約が多いなーと思ったのですが、今一番なんとかしたいのはサイドバー部分。

ブログやレンタルWikiに慣れていると、なんというかこう・・・味気ない。
というよりも、何かサイドバーに求めてる機能(目次みたいな)が全然ない感じ。

一般的なブログやレンタルWikiだったらサイドバーに「最近更新されたページ」とか「カテゴリー」とか、そういうサイト内を回るのに便利なメニューがあるけど、Mediawikiではどちらかというと「これわざわざサイドバーに必要?」みたいなものばっかり表示されてる気がする(※あくまで個人的な意見です)。

いろいろ調べた結果、サイドバーに「最近更新されたページへのリンクを何件かリストとして表示」ということはできないらしい。なんだかサイドバーには引数が使えないとか。詳しく調べてないですが・・・

サイドバーに何を表示させるかということは追い追い考えるとして、とりあえずはサイドバーのカスタマイズ方法。

参考URL:
http://www.fukudat.com/wiki/ja/mediawiki
http://www.cudo29.org/mediawiki.html

サイドバーの編集ページを表示させるには、まず
http://MediaWikiを設置したディレクトリ/index.php?title=MediaWiki:Sidebar
をブラウザで開きます。
すると通常の記事のように、右上に「編集」タブが出ているので、それをクリック。
これで編集画面が表示されます。

しかし、なんだか異様な雰囲気・・・

* navigation
** mainpage|mainpage-description
** portal-url|portal
** currentevents-url|currentevents
** recentchanges-url|recentchanges
** randompage-url|randompage
** helppage|help
* SEARCH
* TOOLBOX
* LANGUAGES

↑こんな感じのものが表示されているはず。

↓日本語の設定でインストールしていると、実際には勝手に日本語化されたものが表示されてますもんねぇ。
wiki_sidebar
(※スキンは「Cavendish」を使用中です)

それに、通常の記事ページならウィキ内リンクは[[ページ名|表示名]]という形で入力するのに、[[]]が見当たらないのもなんだかソワソワする。
「ページ名|表示名」 という形式で入力するのは通常記事と一緒だけど、ページ名と表示名が一緒の場合でも「ページ名|ページ名」 とわざわざ入力しないとリンクが張られないみたいです。うーんイレギュラー。

ちなみに、何か修正してから「履歴」で以前の版を見ても、上記のデフォルトの*navigation~というものは表示されないようです。プレビューもプレビューとして成立してないし(笑)、特殊なページなんですかねやっぱり。

*の行がボックスの見出し、**の行がボックスの中のリストに相当するようなので、例えば

* メニュー
** メインページ|メインページ
** このサイトについて|このサイトについて
** FAQ|FAQ
* カテゴリ
** CGI・PHP|CGI・PHP
** HTML|HTML
** CSS|CSS
** 猫|猫関連記事

↑こんな感じで記入すると

↓こう表示される模様。
wiki_sidebar2
「メニュー」は「案内」に、「FAQ」という単語は「よくある質問と回答」に勝手に置き換えられるみたいですね。

ちょっとクセはありますが、カスタマイズはなんとかできそうな気がします!