【TwentyTwelve】ウィジェット部分のプチカスタマイズ


前回の記事:【TwentyTwelve】サイドバーのカスタマイズ

今回はウィジェットエリアのカスタマイズ。
ウィジェットエリアはサイドバーに表示されている「最近の投稿」「カテゴリー」「アーカイブ」等です。

今回も前回同様「style.css」をいじっていきます。
前回までのカスタマイズでこうなっている状態です↓
sg-005

(1) 背景をカスタマイズ

デフォルトだと背景色が設定されていないので、背景に色をつけようと思います。

変更箇所は
style.css の 611行目あたり

.widget-area .widget {
	-webkit-hyphens: auto;
	-moz-hyphens: auto;
	hyphens: auto;
	margin-bottom: 48px;
	margin-bottom: 3.428571429rem;
	word-wrap: break-word;
}

ここです。

これを

.widget-area .widget {
	-webkit-hyphens: auto;
	-moz-hyphens: auto;
	hyphens: auto;
	margin-bottom: 48px;
	margin-bottom: 3.428571429rem;
	word-wrap: break-word;
/* 以下を追加 */
	background:#ffb6c1;
/* 追加ここまで */
}

こんな感じで変更。
sg-103
背景色がつきました~(カラーネームbisque・#ffb6c1)

(2) 更に枠線をつけてみる

.widget-area .widget {
	-webkit-hyphens: auto;
	-moz-hyphens: auto;
	hyphens: auto;
	margin-bottom: 48px;
	margin-bottom: 3.428571429rem;
	word-wrap: break-word;
	background:#ffb6c1;
/* 以下を追加 */
	border:1px solid #bc8f8f;
/* 追加ここまで */
}

sg-104
こうなります。rosybrown(#bc8f8f)で枠線をつけました。

(3) 余白を設定する

また前回と同じく枠と文字の隙間がないので

.widget-area .widget {
	-webkit-hyphens: auto;
	-moz-hyphens: auto;
	hyphens: auto;
	margin-bottom: 48px;
	margin-bottom: 3.428571429rem;
	word-wrap: break-word;
	background:#ffb6c1;
	border:1px solid #bc8f8f;
/* 以下を追加 */
	padding:10px;
/* 追加ここまで */
}

これで適度に隙間が空きました。
sg-107

(4) ついでに角丸にしちゃう

.widget-area .widget {
	-webkit-hyphens: auto;
	-moz-hyphens: auto;
	hyphens: auto;
	margin-bottom: 48px;
	margin-bottom: 3.428571429rem;
	word-wrap: break-word;
	background:#ffb6c1;
	border:1px solid #bc8f8f;
	padding:10px;
/* 以下を追加 */
	border-radius:10px;
/* 追加ここまで */
}

sg-111
無事に丸まりました。

(5) ウィジェットのタイトルをカスタム

style.css 619行目あたりの

.widget-area .widget h3 {
	margin-bottom: 24px;
	margin-bottom: 1.714285714rem;
}

これを変更します。
背景を#333333(濃いグレー)、文字色をbisque(#ffb6c1)、余白を5pxにしたいので

.widget-area .widget h3 {
	margin-bottom: 24px;
	margin-bottom: 1.714285714rem;
/* 以下を追加 */
	background-color:#333333;
	color:#ffe4c4;
	padding:5px;
/* 追加ここまで */
}

これで
sg-201
一応タイトルっぽい感じは出たかなぁ・・・と。

【TwentyTwelve】サイドバーのカスタマイズ


前回の記事:「ヘッダ画像の登録」

今回はサイドバーをプチカスタマイズして行きます。
サイドバーは
sg-001x
これ。
レンタルブログやスクリプトによっていろんな呼び方がありますが、Wordpressで言えばウィジェットが表示されてる所ですね。Wordpressだとデフォルトでは右側にあります。右サイドバーとも言えるかも。

sg-001
ご覧の通りデフォルトだとシンプルすぎてサイド「バー」と言われても何のバー感もないな・・・

(1) 背景をカスタマイズ

デフォルトだと白の背景になっていますが、この背景色を変更してみようと思います。
テーマフォルダ内の「style.css」を使用するので、念のためstyle.cssのバックアップを作っておくと安心かも…
style.cssの変更は、ダッシュボード>外観>テーマ編集 からも行えますし、FTPソフトでダウンロードしてから変更してまたアップロード、という方法もあります。そのへんはお好みで。

変更箇所は
style.css の 533行目あたり

.widget-area {
	margin: 24px 0 0;
	margin: 1.714285714rem 0 0;
}

ここです。

・例えばサイドバー全体に枠をつけたい時は

.widget-area {
	margin: 24px 0 0;
	margin: 1.714285714rem 0 0;
/* 以下を追加 */
	border:1px solid #000000;
/* 追加ここまで */
}

sg-002
黒・1px・直線の枠をつけてます。

・更に、サイドバー全体の背景色を設定したい時は

.widget-area {
	margin: 24px 0 0;
	margin: 1.714285714rem 0 0;
	border:1px solid #000000;
/* 以下を追加 */
	background-color:#ffdab9;
/* 追加ここまで */
}

sg-003
カラーネームpeachpuff(#ffdab9)の背景色にしてます。

・枠と文字の隙間なさすぎ・・・と思ったら、更に更に

.widget-area {
	margin: 24px 0 0;
	margin: 1.714285714rem 0 0;
	background-color:#ffdab9;
	border:1px solid #000000;
/* 以下を追加 */
	padding:10px;
/* 追加ここまで */
}

sg-004
こんな感じで適当に隙間が空きました。

(1) サイドバーの左右を変更する

デフォルトだとサイドバーは右側にありますが、これを左側にしたい場合は
TwentyTwelve サイドバー/記事コンテンツの左右を入れ替える超簡単な方法 | 初めてのワードプレス カスタマイズ
こちらを参考に、style.cssの1464行目あたりの

	.site-content {
		float: left;
		width: 65.104166667%;
	}


1473行目あたりの

	.widget-area {
		float: right;
		width: 26.041666667%;
	}

のfloat:left;とfloat:right;を入れ替えるだけ!
sg-005
無事に左右逆になりました~

次の記事:【TwentyTwelve】ウィジェット部分のプチカスタマイズ

【TwentyTwelve】ヘッダ画像の登録


前回の記事:【TwentyTwelve】背景画像の設定

続きまして今回はヘッダ画像の登録。
今回も簡単にダッシュボードから登録できます!

tt06
「外観」>「カスタマイズ」をクリック。

デフォルトではサイト名と「Just another WordPress site」の文字表記のみです。
tt07
「画像を選択」で、「ファイルを選択」ボタンをクリックしてヘッダ用に用意した画像を選択し、横の「アップロード」ボタンをクリックすると、選択した画像が表示されます。

「切り取って公開する」と「トリミングをせず、このまま画像を公開する」がありますが、「トリミングをせず、このまま画像を公開する」だととりあえず画像を登録してから表示したい部分を指定できるので便利なのかも。

試しに3種類のサイズのヘッダを「トリミングをせず、このまま画像を公開する」で登録してみました。

まずは「おすすめ」と書かれている960px×250pxの画像。(わかりやすいように赤枠をつけています)
tt08

横幅が少し大きい1200px×300pxだとこんな感じ。
tt10
あれ・・・サイズほとんど変わってない。測ってみたら勝手に960×260pxに縮小されていました。

ちょっと小さくした800px×150pxだとこんな感じ。
tt09
左に寄ってしまった・・・。

デフォルトのサイト幅をそのまま使うなら、ヘッダ画像の幅は960pxで作っておいた方が無難なようですね・・・。style.cssでヘッダ画像の位置指定をすればいいだけの話ですが、今回はプチカスタムなのでパス。

画像登録の下側にある「ヘッダーのテキスト」は、デフォルトで表示されているサイト名と「Just another WordPress site」の部分。
「Just another WordPress site」は
「ヘッダー画像上にテキストを表示する」にチェックを入れると、
tt11
こんな感じで表示されるようになります。(文字色は赤にしています)
ヘッダー画像上に、っていうのは「ヘッダー画像の上に重ねて」っていう意味かと思ってました(笑)

「ヘッダー画像上にテキストを表示する」のチェックを外すと、
tt12
こんな感じに。
チェックを入れている時はヘッダ画像とサイト名にトップページへのリンクが張られていましたが、外すとヘッダ画像のみにトップへのリンクが張られるようになりました。

次の記事:【TwentyTwelve】サイドバーのカスタマイズ

【TwentyTwelve】背景画像の設定


2カラム構成のシンプルなテーマが欲しかったので、カスタム方法が入手しやすいTwentyTwelveをぼちぼちいじってみることにしました。
TwentyTwelveも新しいバージョンが出ているらしく、バージョン1.3にアップデートしてからのカスタマイズです。

とりあえずテーマを有効にしてみたところ、シンプルはいいけどなんというか・・・無味乾燥な雰囲気・・・。
tt01
これを「できる範囲で自分好みに」して行きます!

今回はまず基本中の基本、背景画像の登録。

これはダッシュボードからすぐにできるんですね~

tt02
ダッシュボードの「外観」>「カスタマイズ」をクリック。

tt03
左に表示されるメニューの「背景画像」をクリックするとメニューが展開され、「画像なし」をクリックすると新規アップロードのエリアが出てきます。

ここに用意した背景画像をドラッグ&ドロップすると、更に詳細が展開されます。
tt04
・背景の繰り返し
 今回は隙間なく背景画像を並べたいので「タイル」を選択。
 一枚の大きい画像を貼りたい時などは「繰り返しなし」、縦か横にだけ並べたい場合は「水平方向に繰り返し」か「垂直方向に繰り返し」で。
・背景の位置
 背景の繰り返しでタイルを選んだ場合は関係ないと思いますが、「繰り返しなし」「水平方向に繰り返し」「垂直方向に繰り返し」を選んだ場合は希望のものを選択。
・背景スクロール
 画面をスクロールした時に背景も一緒にスクロールするか、それとも元の位置のまま固定するかの選択です。ここもやはりタイルだとどちらでもいいと思いますが・・・なんとなく「固定」にしておくとちょっとトリッキーな気もする。

ここまで設定したら左メニュー一番上のブルーのボタン「保存して公開する」をクリックすれば完了です!
tt05
こんな感じになりました。

簡単すぎてわざわざ記事にする必要もなさげな気がします(笑)

次の記事:【TwentyTwelve】ヘッダ画像の登録

Google Chromeのホームページがtrovigo.comに変更されていた件


Google Chromeのホームページがsearch.conduit.comに変更されていた件に引き続き、またクリック魔の同僚が変なソフトやらマルウェアをインストールしていた模様。怒りが収まりません。鼻の穴から溶けた鉄を流し込んでやりたい・・・ぐぬぬ。

今回はGoogle Chromeを起動したところ、ホームページ(トップページ?)がhttp://www.trovigo.com/というページに変えられていました。
それだけではなく、パソコンを再起動したところ「PC Performer」なるシステムスキャンソフトみたいなものが勝手に起動してスキャンを始めやがりました。おそらくセットでインストールした(させられた?)んだろうな。あのド低能め・・・

実際に表示されたページはbingの検索システムを使用しているようですが、ソースを見てみると

なる一文も入っている。結局またconduitかこのやろー!!!!

検索してみたところ
How to remove Trovigo.com virus
やっぱりブラウザハイジャッカーで、何かのソフトと一緒にインストールされるらしい。
一見普通の検索サイトに見えるが、検索結果にものすごい数のスポンサーリンクが表示されるとのこと。

削除方法としては、

(1)Google Chromeのツールバーの橋にある3本線のアイコンをクリックして設定画面(chrome://settings/)へ

(2)「検索」の「アドレスバー から検索するときに使用する検索エンジンを設定します。」のところにあるセレクトボックスからGoogleやYahooなどマトモなものを選択。
trovigo1

(3)その横にある「検索エンジンの管理」ボタンをクリックして、出てくる画面でいらない検索エンジン(今回はもちろんConduit)をクリック。すると一番右に×ボタンが出てくるので、それをクリック。
trovigo2

(4)今度は設定画面の「起動時」のところのラジオボタンのチェックが「特定の 1 つのページまたは複数のページを開く」になっているので、その横の「ページを設定」をクリック。
trovigo3
出てきたリストにtrovigo.comのURLが表示されるので、これをクリックして出てくる×アイコンをクリックして削除、「OK」ボタンをクリック。
trovigo4

(5)設定画面の「デザイン」の「ホーム ボタンを表示する」にもconduitのURLが表示されているので、その横の「変更」をクリック。
trovigo5
出てきた画面で、念のため「アドレス」欄のURLを消してから「新しいタブの画面を表示する」に変更。(決まったページを開きたい方はアドレス欄を希望のURLに変更するだけでOK)
trovigo6

今回は拡張機能はインストールされていなかったので、これで一応OKのはずです。

あとは同時にインストールされた怪しいソフト(PC Performerについてはこちらを参照に)をアンインストール!

それから、せっかくGoogle Chromeから根絶したつもりのconduit系のモノを復活させるという「Search Protect」というものまでタスクバーに常駐してやがったので、こちらを参考にアンインストールしました。
(Vistaですが(いまだに)、Cドライブ内の「ProgramData」フォルダと「Program Files」の 中にも「Conduit」というフォルダができてました・・・見落とすとこだった)

Conduit関連かはわかりませんが、「Site Ranker」「Online Vault」「Search Protect」「RebateInformer」「Better Surf Plus」などタスクバーに常駐してる見慣れないプログラムが・・・これも全部アンインストール。

参考URL:
最近また猛威を振るい始めたウィルス PCPowerSpeed/24×7Help/Inbox
ブラウザハイジャッカー!【Search Protect by Conduit】検証と削除方法について

マジで滅びろ・・・!!!