【EC-CUBE】再インストール -ダウンロードから解凍まで


前回ちまちまとアップデートファイルを更新していくと書きましたが・・・
結局、自分が信用できない(SQL等ちゃんとできているのかわからない・どこにアップロードするのかわからないファイルがある、など)という理由でやっぱり1からインストールし直すことにしました。
幸いなことにテンプレートのカスタマイズもまだ、登録が完了している商品情報も全体の1/10程度、という感じなので、早々に諦めがつきました・・・

念のためデータベースと現在サーバにあるファイルのバックアップを取ってから、データベースを全削除、サーバのファイルも全削除(T_T)

参考URL:
小粋空間: MySQL + phpMyAdmin によるバックアップ
テーブルを全削除する|データベースの作成と削除|さくらのレンタルサーバ|さくらインターネット公式サポートサイト


準備したもの

・レンタルサーバ(さくらインターネット・スタンダードプラン)
・フリーソフト「Poderosa
・フリーソフト「FFFTP」
のみ。

EC-CUBEのダウンロード→アップロード→解凍

通常だとZipファイルか何かをダウンロードしてきて、それをローカルで解凍してFFFTPで全部アップロード・・・という感じでやっていましたが、今回はSSHという方法を使用するのでPoderosaというオープンソースの Windows 用高機能ターミナルエミュレータなるものを使います。

※Poderosaのインストールから設定についてはさくらインターネットのサポート情報に詳しく載っています。
 以前に「そもそもSSHゆうたらなんじゃい」という頃に書いた記事でも紹介しています。

(1) まずはPoderosaを起動して、ログイン。

(2) 現在のディレクトリ階層を確認
   今回のインストール先は「/home/●●●/ec」にする予定なので、「%pwd」と入力して、「/home/●●●」と表示されればOK。

(3) EC-CUBE公式サイトから希望のバージョンをダウンロードする
   ダウンロードもPoderosaで行います。
   http://www.ec-cube.net/download/#dl_anchorで、希望のバージョンに(tar.gz)と書いてあるもののURLをコピーします。
   例えばバージョン2.13.1をダウンロードしたい場合は、「http://downloads.ec-cube.net/src/eccube-2.13.1」。
   コピーしたらPoderosaで「%wget http://downloads.ec-cube.net/src/eccube-2.13.1.tar.gz」と入力。これでダウンロードが開始されます。
   ダウンロードが完了したら、念のため「%ls -al」と入力して、ディレクトリにeccubeのtar.gzがダウンロードされていることを確認します。
(4) 解凍→ちょっと調整
   ダウンロードが確認できたら、「%tar -zxvf eccube-2.13.1.tar.gz」と入力。すると解凍が始まります。
   解凍が完了したらまた「%ls -al」と入力して、新しく「eccube-2.13.1」というディレクトリが出現していることを確認します。
   今回は「/home/●●●/ec」というディレクトリ名で運用したいので、ディレクトリ名をeccube-2.13.1からecに変更しました。(もうFFFTPでOK)
   ここまで進んだら、最初にダウンロードしたeccube-2.13.1.tar.gzは消します。
   この後、ecディレクトリ内のhtmlディレクトリとdataディレクトリのパーミッションを755に変更。
   /home/●●●/ec/data/.htaccess、/home/●●●/ec/html/.htaccessを削除します。

シンボリックリンクの作成

   シンボリックリンクとは 【 symbolic link 】 – 意味/解説/説明/定義 : IT用語辞典
   要はサーバ内でのショートカットのようなものらしい。
   独自ドメインを取得していて、そのサブドメインで使用するのでこういう設定が必要らしい。
   今回はhttp://shopping.●●●.com/というURLで運用したいので、/home/●●●/ec/html/を/home/●●●/www/shopping/というディレクトリにショートカットさせます。
   Poderosaで「%ln -s /home/●●●/ec/html /home/●●●/www/shopping」と入力するとシンボリックリンクが作成されます。(※先にshoppingディレクトリを作ってしまうとおかしくなるそうなので注意)
   これで、http://shopping.●●●.com/にアクセスするとEC-CUBEのトップページが表示されるようになりました。

次はデータベースの作成とインストールについて書きます。

SSHとはなんぞや??


多忙のためずいぶん間が空いてしまいましたが、ちょっと落ち着いたのでこのスキにEC-CUBE設置のためのお勉強。

まずは、EC-CUBEのインストールとダウンロードに必要だという「SSH」のことを・・・!

まず、SSHってなんどいな??(※播州弁)

Secure Shell(セキュアシェル)は、暗号や認証の技術を利用して、安全にリモートコンピュータと通信するためのプロトコル。パスワードなどの認証部分を含むすべてのネットワーク上の通信が暗号化される。スペルアウトするよりも、頭字語のSSH(エスエスエイチ)と呼称することが多い。(Wikipediaより引用)

うーん、プロトコルってなんですのん。

コンピュータ等の電子機器間で通信する際の取り決め。どのような状況でどのようなタイプのデータをどのような順番で送るかが記載されている。(中略)インターネットに限らず、機器同士が通信する場合には何らかの手順が必要であり、それらはプロトコルとしてまとめられている場合が多い。(Wikipediaより引用)

なんとなくわかったような、わかってないような・・・。
おそらく、SSHは「サーバとやりとりする為の通信の手順」という考え方で合ってる…のでは??(笑)自信ない!!

http://support.sakura.ad.jp/support/manual/rs/tech_ssh.shtml
の一文に、「物理的に遠いところから、サーバを操るための手段のひとつ」と書いてあったので、それで納得。

で、タイミングよく例の友人からご指導メールが届きました。ありがたや!

まずは「最低限のUNIXコマンドを覚え、SSHで慣れる」というステップ。
UNIXコマンドっていうのがよくわからないけど、UNIXというOSに指示を出すためのものと思えばいいのかなぁ・・・。指示を出すためにSSHを使う、と思えばいいのか。(憶測のみで進めていきますw)

SSHを使うために必要なものとして、Poderosaという「高機能ターミナルエミュレータ」なるものをダウンロード。

http://support.sakura.ad.jp/support/manual/rs/tech_ssh.shtml
先ほどのこのページを参考に、インストール後、起動して・・・
ログインはOK。

ssh-1
いきなりわけのわからん文章が表示されて、最後に「%」が表示されてるのですが・・・
この「%」はカーソルみたいなもので、このあとに直接コマンドを打ち込んでいくといいらしい。

まず、「%pwd」と入れてみる。
パスワード??とか一瞬思いましたが、これで現在自分がサーバの中のディレクトリのどこにいるかが表示されるそうで。

ssh-2
今回EC-CUBEを設置したいレンタルサーバは独自ドメインで「http://www.●●●.com/」なんですが
「%/home/●●●」
という一文が表示されました。

次に「%ls -al」と入力。
これは、現在いるディレクトリにあるファイル名・ディレクトリ名をリスト表示するコマンドだそう。
「%ls」でもいいらしいけど、-alとつけると縦並びに表示がされて見やすいとのことで・・・
ssh-3
入力してみたら、確かにいつもFFFTPなんかで見てるのと同じようなリストが出てきました!!

さらに、違うディレクトリに移動するには・・・
%cd [移動したいディレクトリ名]
と入力。
試しに、「%cd www」と入れてみて、これだけだと何も次に表示がされないので「%ls -al」を再度入力してファイルを確認。
すると、wwwディレクトリに入っているものが、こちらもFFFTPで見慣れてる感じで表示されました。

「サーバを直接操作する」なんて聞くと「誤操作してどえらいことになったらどうしよう・・・!」とビクビクしまくってましたが、とりあえずここまでは何事もなくテストできてホッとしました(笑)

次回はEC-CUBEのダウンロードに挑戦予定です!