Windows10にアップグレードしたらESETが一瞬おかしくなった件


意図せず会社のPCがWindows10にアップグレードされてしまっていた。
当事者曰く「勝手にアップグレードが始まった」らしいけど、そんなことあるのだろうか・・・絶対何かしらクリックしたはずだと思うけど。まぁ仕方ない。

弱小会社なのでセキュリティソフトはESET SMART SECURITYを使っているんだけど、これがWindows10アップグレード後におかしくなってしまった。
Windows7の頃はPCを起動すると必ずESETの起動開始の画面が一瞬出てたんだけど、それが出なくなっていた。
確認してみるとタスクトレイにESET関連のアイコンがなく、常駐していない模様。
スタートメニューの「すべてのアプリ」にもESETは表示されていない。

ググってみた結果「もしかしたらアップグレードしないといけないのかも」と思い、ここからバージョンアッププログラムを入手してインストールすると、インストールは成功したものの「アクティベーションされていません」「パーソナルファイアウォールの初期化に失敗しました」というエラーが・・・
おまけにその瞬間からなぜかインターネットに接続できなくなってしまった・・・。

ネットワーク設定を見てみても何の接続も表示されず、トラブルシューティングを試しても「ドライバがおかしいのかもね」的なことが表示されただけ。
さっきまで繋がってたのにそんなんおかしいやろ!と思い、とりあえずインストール完了の画面に「Windowsを再起動して下さい」と書いてあったのを思い出して再起動したら、何故かアクティベーションも(ユーザー名もパスワードもわからないから何も入力してないのに)OKになり、パーソナルファイアウォールのエラーもなくなって、インターネットにも普通に接続できるようになっていました。「コンピューターの検査」も普通にできたし。

一体なんだったんだ・・・という、それだけの記録です(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です